NO IMAGE

ある夏の日の思い出

ある夏の日の思い出  日頃のニュースには戦争の惨事を伝えるとき、かつての面影と混じり合い、つかの間の幻想は、いくつかの落書きへと化すだ.........

記事を読む

NO IMAGE

落書

意味も無く 君の吐息    星降夜の 絵描き歌  という句を思いついたのにまかせて、    ほろ酔いにいくつかの落書きを.........

記事を読む

NO IMAGE

小鳥らの唄

小鳥らの唄 大切なものを無くした朝に  描いた小鳥は夢でした   かろやかにさえずるまぶしさに  にじんだ涙は風でした .........

記事を読む

NO IMAGE

2017年4月初めまで

2017年4月初めまでの和歌  あまり存在しないが、残されたものを記す。 靴のあと   埋もれて君に 雪宿 里は.........

記事を読む

NO IMAGE

2017年初歌

2017年初歌  既存の発句の累積に辟易し、一層の精進を志すも、清新なる息吹は見られず、結末は体裁をもてあそぶが如し。巧みを差したる職.........

記事を読む

NO IMAGE

2016年和歌拾遺

2016年の和歌拾遺  自ら落書きし、サイトのコンテンツにも採用されず、置き去りにされた和歌を、ここに残し置くもの。 3.........

記事を読む

NO IMAGE

師走の落書

つかの間の落書 星は流れ    天(そら)は双子の 夢芝居 どす黒い風    雲吹きすさぶ 雨しぶき  悲鳴に塞ぐ 神.........

記事を読む

NO IMAGE

虚偽の哲学

虚偽の哲学 一 虚偽は虚構を共として   偽善をロマンスと風に乗せ     羽ばたく夢さえ餌まみれして   太ったきらびやかに.........

記事を読む

NO IMAGE

歯っ欠けじゞいの食い意地歌

歯っ欠けじゞいのうらみ歌 Ⅰ 歯っ欠けじゃよ、歯っ欠けじゃ   歯っ欠けじゃろうて、歯っ欠けじゃ     歯っ欠けじゞいのうらみ.........

記事を読む

NO IMAGE

酔ひのみ歌ふ鴉かな

機械仕掛の人形 壊れかけ   人型しては 快楽を     餌とむさぼる 古代人形 純鉄の   精度の極み 極めては .........

記事を読む