師走の落書

つかの間の落書

星は流れ
   天(そら)は双子の 夢芝居

どす黒い風
   雲吹きすさぶ 雨しぶき
 悲鳴に塞ぐ 神鳴りの声

あすあした
  あしたあすなろ 明日あした
    あなた好きだよ 伝えられずに

もう誰も
   人でなくした 冷たさに
  汚く凍る 宵のセメント

  [詩の原理は意義よりリズムにあるか]
君を嫌う
  あなたを愛する 原理さえ
    穢れてほゝ笑む 古代人形

君を嫌う
  あなたを愛する クリスマス
    あなた嫌いでも 君を愛する

大嫌い
  それならそれで クリスマス
    あなたの誘いを 端末にして

  [不意に脱線して]
嫌われて
  冬にしっぽが蹴られかな

  [そういうことなら]
夜に負けて
  しっぽが冬の蹴られかな

朽ち果てた
  鴉を霜に 犬の吠え

フォローするの?