2017年初歌

2017年初歌

 既存の発句の累積に辟易し、一層の精進を志すも、清新なる息吹は見られず、結末は体裁をもてあそぶが如し。巧みを差したる職人の、道程を過ちたるみじめさを、今は思い知るが如し。もとより、並ぶ物にはあらざるべし。

初音鳥
  洗い顔さえ きらゝかに
    清水したゝる 手水はじけて

初心者に逆戻りか

 さらなる意義と着想の妙を求めて、さまよい歩く迷いの森には、いつしかかの謎の表現者どもの、村落がひそむといいます。おいで、おいでと、手招きしながら……

白と黒
  入り乱れては いくさ場に
    雲は流れて 遠吠えの風

懲りずにまた

 風刺や批判を述べる詩は、短詩とは相容れないものではないかと、思いつつまた落書きして、後で見返せばあまりにも、つたない意義に辟易し、これまでの歳月の無為徒食をなげくばかりの夕べです。

色違い
  飾り付けてして 鏡越し
 ほほ笑みまくる いびつなピエロよ

塗り絵みたい
   眉毛はりぼての まつげして
  調和もなくて 染める髪の毛

恋人を
  飾り自らを 塗りたくり
    見せびらかします 泥の人形

ひたむきな
  言葉恐れて 泥投げて
    けがし尽くして 掃き溜めの沼

あきらめて

 今はつたなく眠ろうか。
   それが2017年の初めの結論でした。
  お休みなさい、夢の人……

君の名を
  ガラス窓して春告星

フォローするの?