小鳥らの唄

小鳥らの唄

大切なものを無くした朝に
 描いた小鳥は夢でした
  かろやかにさえずるまぶしさに
 にじんだ涙は風でした

なぐさめたいな悲しみを
 ゆらいだ草のしずくして
  かろやかになびく風ならば
 手を振るわたしのあきらめさえも……

未練もなくてほがらかに
 大気へかえすかすみして
  さえずりおどる小鳥らの
 未練もなくて消えました。

夢の果て
  にじむ雲さえ 小鳥らは
 舞い踊ります 今よすべてと

フォローするの?

コメントなどいたしませんか

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です