「大和物語第4段」古文と朗読

大和物語 古文と朗読

 朗唱的朗読の練習中。音程がちゃんと取れてません。「かかいたまわり」が「かいたまわり」と間違って読まれています。

古文

 野大弐(やだいに)[=小野好古]、純友がさわぎの時、討手(うて)の使(つかひ)に指されて、少将にてくだりける、おほやけにも仕(つか)うまつる、四位にもなるべき年にあたりければ、正月(むつき)の加階賜(かゝいたまは)りのこと、いとゆかしう[聞きたい、知りたい]おぼえけれど、京より下る人も、をさをさ聞えず。

 ある人に問へば、「四位になりたり」ともいふ。ある人は「さもあらず」ともいふ。「さだかなること、いかで聞かむ」と思ふほどに、京の便りあるに、近江(あふみ)の守(かみ)公忠(きんたゞ)の君[=源公忠]の文(ふみ)をなむ持てきたる。

 いとゆかしう、うれしうて、開けて見れば、よろづのことゞも書きもていきて、月日など書きて、奥の方(かた)にかくなむ。

たまくしげ
   ふたとせあはぬ 君が身を
 あけなからやは あらむと思ひし

 これを見てなむ、かぎりなく悲しくてなむ、泣きける。四位にならぬよし、文の言葉にはなくて、たゞかくなむありける。

解説込現代語訳

 野大弐(やだいに)こと小野好古(おののよしふる)(884-967)が、ちょうど「純友の乱」があったとき、天慶三年(940年)に山陽道追捕使(ついぶし)にされ、討伐の任に付いた。ちょうど四位に昇級できる時期だったので、正月の昇進発表を知りたくてしょうがなかった。

 それで、めったにいない都から来る人に尋ねるのだが、ある人は「たしか四位になったかも」と言い、別の人は「四位にはなれなかったかと」とも言う。はっきりしたことが、知りたいと思っていると、源公忠(みなもとのきんただ)(889-948)[三十六歌仙の一人]のもとから手紙があった。

 期待して見てみると、様々なことが記された後に、月日が書かれていて、その奥に和歌が記されている。

玉くしげ
  ふたとせあはぬ 君が身を
 あけながらやは あらむと思ひし
          源公忠 (後撰集)

櫛を入れる化粧箱の蓋が合わないように、
 二年(ふたとせ)も逢わなかった、あなたの身の上を
  箱を開けながら眺めるようにして、
   朱(あけ)の色の姿で見ようとは、
  思いもしませんでした。

 これをみた野大弐は、あまりにも悲しくて泣いてしまった。四位になれなかったことが、文章ではなく、まだ五位の朱色の服の姿で見ようとは、と和歌にしてあったからである。

ちなみに、「後撰和歌集」にはこの和歌の返しとして
     あけながら 年ふることは
       たまくしげ 身のいたづらに
      なればなりけり
               小野好古
とある。

源公忠(みなもとのきんただ)

 三十六歌仙の一人。光孝天皇の孫にあたり、紀貫之とも親交のあった歌人で、最終官位は従四位下で、小野好古のこの逸話の少し前、938年についている。勅撰和歌集に21首を収めるほか、家集に「公忠集」がある。香道・鷹狩にも秀でていた。やはり三十六歌仙の一人である、源信明(みなもとのさねあきら)は彼の息子。

 特に次の和歌が有名。

ゆきやらで
  山路くらしつ ほとゝぎす
    今ひと声の 聞かまほしさに
            源公忠 (拾遺集)