俳句一覧

NO IMAGE

雨降りの夏

 雨ばかり続く夏ならば、また酒に手を伸ばし、忘れかけの俳句などを、不意に落書きしてみるのも、酔いどれの独り言には、あるいは相応しい物かも知れません。その代わり、推敲なしでの掲載となることは避けられず。

NO IMAGE

いくつかの断章

いくつかの断章 どれが良いやら 恋見月   夢見る夜半の 月影は     届けられない 君色のなみだ 恋みづき   夢みおぼろの 月影は     あなたへとゞけ ひめごころして 夢みづき   うらゝおぼろの 月影は     あなたへとゞけ ひめごゝろして 夢みづき   うらら月影 ひめごころ     恋に揺らめく あたな映して ………

NO IMAGE

座興の句について

即興的パロディー パロディーの質とオリジナル     -あるいはパクリと創作について ビアガーデンにて  不意に酒の句を作れと言われれば、凡人であれ、乏しき知識をもてあそび、 静かさや   岩に染み入る 蝉の声 など、ほとんど唯一の知っている俳句を元に、 ほろ酔いや   喉に染み入る 酒の声 くらいは、誰でも詠みたくなるところ。 ………

NO IMAGE

ほろんほろほろ

あるいは推敲について  2016年初め頃か、意味もなく、    写実でもなく、ふと浮かんだ句といえば。 ほろんほろ/\    おぼろ月夜の かたり唄  これを推敲しようとして、思い悩むには、 ほろんほろ/\    つき夜おぼろかゝたり唄 ほろんほろ/\   かたりおぼろの月夜かな  翌日、着想がこなれて生まれるには、 ほろん………