短歌一覧

NO IMAGE

いくつかの断章

いくつかの断章 どれが良いやら 恋見月   夢見る夜半の 月影は     届けられない 君色のなみだ 恋みづき   夢みおぼろの 月影は     あなたへとゞけ ひめごころして 夢みづき   うらゝおぼろの 月影は     あなたへとゞけ ひめごゝろして 夢みづき   うらら月影 ひめごころ     恋に揺らめく あたな映して ………

NO IMAGE

あの頃の面影

あの頃の面影 はしゃいでた   あの日の夢も 木造の     きしみわたしと 消えてゆくなら 放課後の    中庭いちょう 夕まぐれ  手を振るわたし たれに手を振る 水道の   蛇口のむこう のぞき込む     はしゃぎつかれた 別のわたしが 僕の手に   忘れものした 見せしめは     マジックみたいな 宿題の文字 かわになを ………

NO IMAGE

ある夏の日の思い出

ある夏の日の思い出  日頃のニュースには戦争の惨事を伝えるとき、かつての面影と混じり合い、つかの間の幻想は、いくつかの落書きへと化すだろう。 砕け散る   夢のことさえ 燃え尽きて  廃墟と化した 街は夕闇 雨音は   おとぎ話の お人形  つんざくように よぎる銃声 姉の手を   握りしめては 階段に     うずくまります 真っ赤な人形 ………