「大和物語120段122段」古文と朗読

大和物語120段122段

贈答歌のアクロバット。というほどでは無いかも知れませんが、時間軸をずらした贈答歌の様相の120段と、ニュアンスの良くも悪くもなるような、デリケートな表現を、わざと別の意図で読み合うような122段を紹介します。

大和物語120段

現代語訳

 太政大臣である藤原忠平(ふじわらのただひら)(880-949)は、大臣になってから随分経つのに、枇杷(びわ)の大臣と呼ばれる藤原仲平(なかひら)(875-945)[二人とも藤原基経の同母息子]は、なかなか大臣になれないでいた。しかし、ついになることが出来た祝賀に、藤原忠平は梅を髪に挿して、

遅くとく
  つひに咲きける 梅の花
    たが植ゑおきし 種にかあるらむ
          藤原忠平 (新古今集)

[遅く早く
   ついに咲きました 梅の花は
     誰が植えておいた 種なのでしょうか]

と詠んだ。
 その日の様子を、和歌と共に手紙に記して、斎宮である柔子内親王(じゅうしないしんのう)[宇多天皇の皇女]に差し上げる時に、藤原定方(さだかた)の娘である能子(よしこ)が、これに和歌を加えて、

いかでかく
  年きりもせぬ 種もがな
    荒れゆく庭の 影と頼まむ
          能子 (後撰集)

[どうかしてこのような
   実をつけないような年のない
     種があればよいのに
  荒れてゆくこの庭を
    照らす頼りとしたいから]

 このように願った甲斐があって、藤原実頼(さねより)(900-970)[上の藤原忠平の長男]が通ってくるようになったので、能子の家の一族は、その後繁栄することとなった。そんな時、斎宮から、

花ざかり
  春は見に来む 年きりも
    せずという種は 生ひぬとか聞く
          柔子内親王 (後撰集)

[花ざかりの
   春には見に行こう
     実を結ばないことが
  ないという種が
    生えたと聞いたからには]

古文

 太政大臣(おほきおとゞ)は、大臣(おとゞ)になりたまひて、年ごろおはするに、枇杷(びは)の大臣は、えなりたまはでありわたりけるを、つひに大臣になりたまひにける御よろこびに、太政大臣、梅を折りてかざしたまひて、

遅くとく
  つひに咲きける 梅の花
    たが植ゑおきし 種にかあるらむ

とありけり。
 その日のことゞもを、歌など書きて、斎宮(さいぐう)に奉(たてまつ)りたまふとて、三条(さんでう)の右の大殿(おほとの)の女御(ぎようご)[藤原定方(さだかた)の娘、藤原能子]、やがてこれに書き付け給ひける。

いかでかく
  年きりもせぬ 種もがな
    荒れゆく庭の 影と頼まむ

とありけり。御返し、斎宮よりありけり。忘れにけり。

 かくて、願ひたまひけるかひありて、左の大臣の中納言[先に登場した藤原忠平の長男藤原実頼(さねより)(900-970)]渡り住みたまひければ、種(たね)みな広ごりたまひて、かげ多くなりにけり。さりける時に、斎宮より、

花ざかり
  春は見に来む 年きりも
    せずという種は 生ひぬとか聞く
          柔子内親王 (後撰集)

和歌について

 初めのものは、藤原基経の息子である忠平(ただひら)、仲平(なかひら)が、咲く時期はずれたけれど、共に咲くことが叶ったのを、誰が植えた種であろうかと、自分たちの両親を称えるような内容。

 普通ならそれに対する返歌でまとめそうなところだが、藤原定方(さだかた)の娘能子が、その時のことを斎宮の手紙に執筆するという物語を進行させる。さらにそれに対する斎宮の返歌が置かれるべきところで、斎宮の返歌は忘れたとして、また物語に差し替える。

 その後、能子が、はじめの和歌の詠み手でもある忠平の、長男である実頼(さねより)と結ばれて、その結果家柄が栄えて、つまりは種が広がった時の、斎宮の和歌で、先ほど忘れられた返歌を全うするという内容。

 つまり、返歌の置かれるべきところで、物語の時間軸と事象を移しながら、同時にそれぞれの次の和歌は、ちゃんと一つ前の和歌に対して、内容上返歌の意義を全うしているという、ストーリー性と贈答歌のアクロバットのような小品になっている。

 したがって、途中に出てくる「御返し斎宮よりありけり。忘れにけり。」とあるのは、冗長を避けるために、わざとそのように記した可能性がきわめて高い。これによって藤原基経に撒かれた種が、稔り、さらに繁り広がっていく様子が、きわめて短編であるのにも関わらず、順次時節を代える和歌のおけげで、十分に気分を味わいながらも、最小限度の表現で次の場景へと橋渡す、見事な小品になっている。

 また同時に、主人公としてのヒロインは能子であり、彼女の独り芝居として成り立つ点、その構成感は見事であり、しかもちっともそれを気づかせないくらい、さらりと着流されて物語を終えていて質が高い。

大和物語122段

現代語訳

 藤原千兼(ふじわらのちかぬ)の妻である「としこ」が、志賀寺にお参りをした時、増基(ぞうき)[歌人で「いほぬし」という家集がある]という高僧と逢って、一夜を共にして、別れるとき、増基の方から、

あひ見ては
  別るゝことの なかりせば
    かつ/”\ものは 思はざらまし
          増基法師 (後撰集)

[出会ってから
   別れることがないならば
     満ち足りないようなあれこれと
   思い悩んだりはしなかったのに]

 としこの返し、

いかなれば
   かつ/”\ものを 思ふらむ
 名残もなくぞ われは悲しき
          としこ (新続古今集)

  [いったいどうして
     あれこれと思い悩んだりと
       中途半端な感慨にふけるのでしょう
    一点の曇りもなく
      わたしは悲しんでいるというのに]

とあった。手紙には他の言葉も多く書かれているのだった。

古文

 とし子[藤原千兼の妻]が志賀(しが)に詣(まう)でたりけるに、増喜君(ぞうきゞみ)といふ法師ありけり。それは、比叡(ひえ)に住む、院(ゐん)の殿上(てんじやう)もする法師になむありける。

 それ、このとし子詣でたる日、志賀に詣であひにけり。橋殿(はしどの)[谷や崖に橋のように渡した建物]に局(つぼね)[部屋]をしてゐて、よろづのことを言ひかはしけり。

 今はとし子、帰りなむとしけり。それに、増喜のもとより、

あひ見ては
  別るゝことの なかりせば
    かつ/”\ものは 思はざらまし

返し、としこ、

いかなれば
   かつ/”\ものを 思ふらむ
 名残もなくぞ われは悲しき

となむありける。言葉もいと多くなむありける。

和歌の意味

 この贈答歌も面白くて、「かつがつ」の意味が、「十分満ち足りないながらもともかくも」くらいのニュアンスであることを、増基法師は「満ち足りない」思いで悩むこととして和歌を詠み、としこは「満ち足りなくてもともかくも」なんて、そんな中途半端な気持ちで悩んでるなんて、信じられない。わたしは、もっと切羽詰まっているのに。と返している。

 ちょっと違うけれど、「まあまあの成績」だと喜ぶ子供と、「まあまあの成績だなんて、そんなことで一流大学に入れるの」と鬼のように燃えさかる教育ママの、おなじ言葉のニュアンスの違いのもたらす、贈答歌の面白みくらいに、今は感じ取っておいても良いだろう。