雛遊び

[Topへ]

雛祭(ひなまつり)

・もとは中国の節句の一つに由来。すなわち旧暦の三月三日ごろに行うお祭りで、桃咲く時期と重なるため桃の節句ともいった。ところがぎっちょん、明治政府が1873年に改訂して、新暦三月三日の行事に定めてしまった。雛人形を飾って女の子への祈りとなすのは日本的行事だが、もともとは平安貴族たちの人形遊びが関係していたともいう。あるいはもっと古く、土偶以来の伝統が込められているのかも知れないが、それは分からない。節句の儀式と人形が結びついて、今日のような雛人形と女の子とのためのお祭りとなったのは、明治に入ってからだという。

・雛(ひな・ひいな)、雛遊び、雛飾(ひなかざり)、雛人形、紙雛(かみびな)、立雛(たちびな)、初雛(はつびな)、古雛(ふるびな)、など。

庭でなし
こころに桃の
雛祭

忘れてた
雛祭りほどの
ほほえみも

おもかげと
雛に間に間の
オルゴール

段数(だんかず)が
けんか初めや
ひなまつり

末っ子が
姉にはおもちゃ
雛遊び

初雛の
子らを夢見し
旅寝かな

いつし世に
雅(みやび)幽(かそけ)き
雛飾

雛かざり
うながす犬の
飯忘れ

[其角→
宝井其角(たからい きかく)]
綿(わた)とりて
ねびまさりけり
雛の顔

[蓼太→
大島蓼太(おおしまりょうた)(1718-1787)]
消えかかる
燈もなまめかし
夜の雛

[蝶夢(ちょうむ)(1782-1796)]
紙雛や
奈良の都の
昔ぶり

白酒(しろざけ)

・蒸したもち米に、味醂、焼酎、米麹(こめこうじ)などを配合して作られた、雛祭の時に呑む酒。

白酒と
飯の誘いや
客隣

白酒の
揺すりこぼしや
飾り髪

白酒の
肌とはいかず
孫娘

[高浜虚子]
白酒の
紐の如くに
つがれけり

蛤(はまぐり)

・戦後ジャパニーズの平然ぶち壊し運動によって大和のハマグリは危機に瀕し、シナハマグリが大陸から大量に出回る今日この頃のスーパーに、たたずんでいるのはあの二枚貝のハマグリであったか。

・古くから日本で食され、今日も食用貝の代表選手のひとつである。特に雛祭りにはハマグリをいただく習慣がある。ぴったりもとの貝と合わせるゲームである貝合わせという遊びがあるが、雛祭りの貝を夫婦に例えて、ぴったり合った旦那と出会えるようにと言うまじないだともされている。いっぽう貝が旨く合わないことを「はまぐれ」といううちに「ぐれる」という言葉が生まれたのだそうだ。

・料理名として、代表的な焼蛤(やきはまぐり・やきはま)、蛤鍋(はまなべ)、蒸蛤(むしはまぐり)、蛤(はま)つゆ、などを使用してもよい。

蛤ら
啄(ついば)む鴫(しぎ)よ
よそ見るな

・「鷸蚌(いつぼう)の争い」とは鴫と蛤の争うのに乗じて漁夫がこれを捉えたという、「漁夫の利」の話である。

波ごとの
笑う浜辺の
焼蛤

磯の宿
蛤鍋ばかりが
自慢かな

焼蛤の
開きそこねが
明日(あす)の運

麒麟(きりん)まで
欲しがるほどの
大蛤

三代目
蛤太夫(はまぐりだゆう)が
なれの果て

・ナンセンス俳句でもどうぞ。

[西鶴
→井原西鶴(いはらさいかく)(1642-1693)]
蛤や
塩干(しおひ)に見えぬ
沖の石

[涼菟
→岩田涼菟(いわたりょうと)(1659-1717)]
尻ふりて
蛤ふむや
南風

春炬燵(はるごたつ)

・春に残る炬燵の使用を指す。「春の炬燵」。

居残りは
くよくよせずに
春炬燵

御三度(おさんど)の
片(かた)し損ねや
春炬燵

春炬燵
猫より弱くて
籠もる僕

[大魯
→吉分大魯(よしわけたいろ)(1730-1778)]
物おもふ
人のみ春の
炬燵かな

菊根分(きくねわけ)

・「菊の根分」「菊分つ(きくわかつ)」とは、菊の栽培のためにまず古株を掘り起こして、親根から分かれている細根の芽を分かち、これを植える作業をいう。

絆とて
手渡したいな
菊根分け

蜂の音(ね)の
軽やかばかりか
菊根分

病み明けの
祈りみたいに
菊分つ

[柳糸(りゅうし)]
名のなきも
交じりて菊の
根分かな

春泥(しゅんでい)

・「春の泥(はるのどろ)」のこと。雪解け、春雨などで生まれたぬかるみや、泥のこと。

一歩ごと
泥のぬちゃぬちゃ
春が其処(そこ)

うすのろめ
靴庇(かば)ひては
春の泥

ままごとの
春泥(しゅんでい)まるめた
皿だんご

泥中(どろなか)も
春の息づく
仕草かな

春雷(しゅんらい)

・「春の雷(はるのらい)」「初雷(はつらい)」ともいい、必ずしもにわか雨と強風へと到らぬことも多い春の雷。特に二十四節気の啓蟄(けいちつ)ごろの雷を、「虫出しの雷(むしだしのらい)」と呼んだりもする。

雨でなく
桜降らせよ
春の雷

雨でなく
桜降ります
春の雷

・どっちがよいかな?

春の雷
なまあったかい
風が来る

春雷の
鬼のだらけが
晴れ間かな

おん馬には
おん馬の悩みが
春の雷

初雷を
祝すはのど越し
ビールかな

ごろごろと
虫の出かかる
春の雲

呼ぶ虫の
雷に買うなり
虫殺(むしごろし)

・虫殺は殺虫剤の雅語・・・嘘。

虫心(むしごころ)
知らんばかりに
春の雷

我が子より
出たがる虫よ
春の雷

啓蟄(けいちつ)

・二十四節気の一つで、虫どもが動き出して、戸を開いて出てくるような意味。

啓蟄を
知らぬが風船
雲の中

啓蟄を
待ちわびたるかな
蜘蛛らの巣

いたずらの
啓蟄ごころが
壷を割る

虫ならば
啓蟄なさけは
持たぬぞえ

春の土(はるのつち)

・生き物の躍動し草木の芽吹く春の土こそ恋しかりけり。といった思いさ込めたき春の土だが、特に北国では冬の雪の下に隠れていた土の覗く姿を、「土恋し(つちこいし)」、「土現る(つちあらわる)」などと呼んだりもする。外にも、「土匂う(つちにおう)」「土の春」など。

絵はがきの
落ちて嬉しき
春の土

軒狭し
盆栽弄(いじ)りや
春の土

庭ごとの
鳥の遊びや
春の土

土匂う
落ちて嬉しや
庭鋏(にわばさみ)

国の春
土の春それは
僕の願い

潔白も
度が過ぎたれば
土慕う

[大木あまり(おおきあまり)]
蹼(みずかき)の
しづく一滴
春の土

・うまい、座布団一枚。

木の芽時(このめどき)

・木の芽の芽吹くとき。これを「木の芽雨(このめあめ)」「木の芽晴(このめばれ)」「木の芽風(かぜ)」「木の芽冷え(びえ)」などと使用したり、「芽立前(めだちまえ)」「芽立時(めだちどき)」と詠んだりする。

うしろ髪
ときめき初(そ)むるや
木の芽時

靴跡の
かかともちゃげて
木の芽時

木の芽時
ふたりにひとつの
影法師

ゼピュロスよ
木の芽の雨なる
贈り物

・ゼピュロスはギリシア神話の春告げし西風の神。

触れてみて
芽立ちの時の
幹ごころ

佐保姫(さほひめ)

・春の女神のジャパニーズバージョン。秋は竜田姫、春は佐保姫、織りなす季節の移ろいのいと美しきこと限りなし。

佐保姫の
ファーストキスは
風まかせ

佐保姫に
描き尽くせぬ
ワルツかな

佐保姫と
そっと呼びたき
あなたかも

雪崩(なだれ)

・特に春先に、溶けかけの雪の重さに耐えかねて、雪おのずからに崩れ落ちるとき、斜面を駆け下りる衝撃となって、木々や獣だけでなく、人間をも村をも奪い去る、恐ろしきものこそ雪崩なりけり。人さ埋もれたら即座に助けるべき人なかりせば、救助隊待ちては遺体捜索のみの哀しみを、山男どもの嘆きなりけり。(随分混迷を深めた記述になってきなたこりゃ。)

目と鼻の
先のみ失せし
雪崩かな

法廷に
立っては貰えぬ
雪崩かな

雪なだれ
春待つものの
夢を絶つ

雪崩れ
雪だるまをのみ
殺めけり

なだれ雪
メフィストフェレスの
しもべかな

雪なだれ
孫に昔を
語ろかな

[水原秋桜子(みずはらしゅうおうし)]
夜半さめて
雪崩をさそふ
風聞けり

春の星(はるのほし)

・獅子座のレグルス、乙女座のスピカ、牛飼い座のアークトゥルス、そして睦まじき北斗七星など、春の夜空はなかなかに豊かな星数ですが、もやもやとした夜空で、有耶無耶にされてしまうこともまた多いのです。おっと、うみへび座のアルファルド(孤独なるもの)も忘れてはなりません。

・ほかに春星(しゅんせい)、星朧(ほしおぼろ)、など。

愛してた
あなたもまたたく
春の星

夢覚めて
しわを見つけて
春の星

泣いてみて
笑う真似して
春の星

春の星
電柱ノボッテ
見てた僕

春星の
干からび胎児や
サティかな

・ナンセンス俳句でもどうぞ。川柳じゃあござりませぬぞよ。

星朧
人気なき校舎の
ファンタジア

星朧
僕はひとりの
ランドセル

かしましの
道ばた暮れるや
星朧

はぐれても
生きます僕の
アルファルド

春風(はるかぜ・しゅんぷう)

・「春の風」はやさしく柔らかく人の心を和ませる。

折ってから
宵逃げするや
春の風

綿菓子の
雲よのどけき
風の春

春風よ
木造校舎の
チャイムかな

春の風
森の叙事詩の
序曲かな

主と共に
春風(しゅんぷう)の中を
牧師かな

春風よ
嬉しいことも
あるのかなあ

[高浜虚子]
春風や
闘志いだきて
丘に立つ

雛あられ

・雛祭の時に雛壇に飾り供えるあられ菓子。飾ったら食べて良いのか、当日食べたらいいのか、翌日まで我慢するのか、女が食うのか、男が食ってはならぬのか、何にも知らずに、食べていた、それこそ雛のあられかな。

仕来りも
解(げ)せぬ孫にや
雛あられ

鬼はそと
ばらまく娘や
ひなあられ

雛あられ
仕舞い忘れや
蟻ならび

[永方裕子(ながえひろこ)]
少女来て
ふはりと坐る
雛あられ

雛流し(ひなながし)

・「流し雛(ながしびな)」「捨雛(すてびな)」などは、三月三日に雛を川や海に流す行事で、精霊(しょうりょう)でもなんでもとりあえず流しとけば良いという、大和魂のなせる行事。もともとは、雛祭りの雛飾りなどは、この流雛から生まれた行事のようだ。つまり人の禍や呪いを形代(かたしろ)[つまり人形]に託して流して清めるのだという。

てのひらを
かさねて雛の
流しかな

[その変奏]
てのひらも
かさねて雛を
流します

火盛(ほざか)りの
輪舞や今宵は
流し雛

のほほんと
生きてもいいよ
流し雛

[下村梅子(しもむらうめこ)]
流し雛
袖をつらねて
ゆきたまふ

春ショール

・春専用の肩掛けショールのこと。

父の祖母
モガの愛せし
春ショール

お薬を
哀しくのんで
春ショール

今日の色
懸想叶えてよ
春ショール

春闘(しゅんとう)

・全国企業の労働組合の春一斉の協同闘争である「春季闘争」は、労働改善を目指し、賃金引き上げなどを達成するための運動で、一斉と言っても同日というわけではなく、2月から3月にかけて各企業の組合ごとに連なる一連の運動の総称である。

春闘と
親父の背中と
僕と犬

・ちょっと中原中也風に。

春闘の
茶の味この頃
旨いけど

春闘も
花の盛りじゃあ
宴じゃな

北窓開く(きたまどひらく)

・特に北国で冬に閉ざきりの北窓を開くこと。隙間風を防ぐ「目貼(めばり)」を剥ぐの意味で、「目貼剥ぐ(めばりはぐ)」という季語もある。そうでなくて、冬閉ざしがちだった北窓を大きく開くよぐらいの春の季語でも、もちろんよい。

北窓も
ひねもすひらくと
人恋し

北の窓
朝露もなくて
開きます

北窓の
春に開けぬ
歪みかな

春祭(はるまつり)

・いろんな春の祭があろう。豊饒の予祝やら、年中行事の名残やら、芽吹く季節への感謝やらと。

太陽も
鳥ものどかな
春祭

みんなには
恋人いるけど
春祭

どやらかと
笑いますのは
春祭

みちのくとは
春と祭を
愛すこと

[能村登四郎(のむらとしろう)]
わが生徒
笙(しょう)つかまつる
春祭

[馬場移公子(ばばいくこ)]
山車曳(だしひ)きて
田畑を覚ます
春祭

事始(ことはじめ)

・もともとは祭や農事などを始める日を指し、特に陰暦の二月八日に定めることが多い事始。江戸時代には、この日に「御事汁(おことじる)」「いとこ煮」といった、豆と根菜などを茹でたり煮たものを食べることになっていた。今日一般人にとっては、むしろ何かを開始することを「事始」と呼ぶ方が、はるかにピンと来る使用法になってしまっている。

太陽の
登る音聞く
事始

今年より
孫も田畑や
事始

大ごとに
茹でてはならぬ
御事汁

いとこ煮を
つつくと田畑の
声がする

2009/05/03

[上層へ] [Topへ]