お水取り

[Topへ]

お水取り

・旧暦二月に国家安寧を計る年中行事の修二会(しゅにえ)、その代表を務める東大寺の、今日まで残りし修二会の、もっとも特徴的な(あるいは人々に愛されし)「お水取り」の儀式が、春の歳時にまで上り詰めたもの。

知らんがな
歌えぬものこそ
お水取り

[芭蕉]
水とりや
氷(こほり)の僧の
沓(くつ)の音

涅槃会(ねはんえ)

・「寝釈迦(ねしゃか)」とか「仏(ほとけ)の別れ」とも呼ばれるが、旧暦2月15日のすなわち満月の夜に、釈迦はお亡くなり(入滅という)て、涅槃(ニルヴァーナ・絶対的悟り)へ到ったとされ、仏教界では重要な法会が行われる。これを涅槃会という。ただし、明治時代以降、新暦2月15日、あるいは3月15日に開くことが多い。この辺、一見合理主義で西暦一辺倒に思える欧州が、変動的イースターを迎えることと重ね合わせ、君達はもう少し文化のあり方について、学ぶべきは学んだらよかろう。

西行の
憧れ満ちはる
涅槃の日

涅槃会の
水子のみ知る
悟りかな

涅槃会や
達せぬ者らが
負け惜しみ

[素堂(そどう)]
涅槃会や
花も涙を
そゝぐやと

[その変奏]
涅槃会の
そそぐ涙も
花のほど

西行忌(さいぎょうき)

・西行(1118-1190)とは沢山の和歌を「新古今和歌集」初め様々な資料に残す仏僧なり。さらに芭蕉の旅人生の先輩的存在であり、諸国を巡り歩いたことで知られる。東大寺のために奥州藤原氏のもとを訪れたり、源頼朝と面談したり、激動の12世紀の歴史的人物として眺めても面白い。そんな彼は、旧暦の2月16日、すなわち釈迦の涅槃の日の翌日に亡くなっている。彼は
「願はくは花の下にて春死なん
そのきさらぎの望月のころ」
と詠んでおり、それが叶った73歳の大往生が、後々まで語り継がれたそうである。さらに桜の開花と重なって、大往生の見本として、今日では「The大往生」の名称で・・・あう、また妄想が・・。

・出家して円位の名をいだいたため、「円位忌(えんいき)」ともよばれるが、口調からして俳句にするのは、一般には西行忌の方がよいと思われる。

春だとて
しずかの宵や
西行忌

句をよして
歌のひとつも
西行忌

西行忌
終着駅なお
花盛り

若鮎(わかあゆ)

・川と海を回遊する魚として、釣り人と食通を楽しませる圧倒的身近のお魚である鮎。秋から冬にかけて下流に下った鮎のおっ母さん、お父っつあんが、河口付近で産卵させた稚魚が河口や浜辺に生活していたのが、4月5月頃に川を上っていく。この時の鮎が若鮎であり、「鮎の子」とか「小鮎(こあゆ)」とか「上り鮎(のぼりあゆ)」などと呼ばれる。とっつかまえて塩焼きにして旨いのも、またこの若鮎である。

若鮎も
仰げば尊(とうと)き
銀河かな

若鮎か
狭きはわたしの
こころかな

青春よ
振り向くな君は
上り鮎

鮎の子ら
訪ねて母の
三千里

[蓼太(りょうた)
→大島蓼太(1718-1787)]
若鮎の
鰭(ひれ)ふりのぼる
朝日かな

蕨(わらび)

・シダ植物であり、日当たりのよい野原や山裾などに群生する。毒性があるがそれを抜いて食用にする山菜の代表選手のひとつである。丁度春から初夏にかけての若葉の頃が旬。根っこから取れるデンプン質は、蕨粉(わらびこ)として蕨餅になったりもする。

・蕨の芽のぐるりと巻いた様子を「蕨手(わらびで)」とか「鍵蕨(かぎわらび)」という。また収穫の時期によって、「早蕨(さわらび)」「老蕨(おいわらび)」と呼んだりもする。さらに調理法によって、「煮蕨」、「蕨飯」、「蕨汁(わらびじる)」などという呼び方もある。

蕨にも
蕨の言い分
ありますね

出張と
称して蕨の
てんこ盛り

出張と
称して蕨や
二時三時

母さんの
お墓のお皿に
蕨かな

母君や
お墓のお皿に
蕨かな

早蕨の
萌えて出(い)づるが
門出(かどで)かな

絶妙の
塩の加減や
蕨飯

飯蛸(いいだこ)

・タコ飯のことではない。イイダコというのは、タコの仲間である。マダコ科に所属して、浅海、穏やかな内海などに生息。日本では瀬戸内海のものなどが有名で、兵庫県の高砂飯蛸(たかさごいいだこ)などが知られる。春に体内に卵を敷き詰めるので「米粒さ持った蛸」の意味で「飯蛸」となった。別名「子持蛸」などとも呼ばれる。外にも「いしだこ」など。

飯蛸の
いのちの終わりに
立ち会えり

飯蛸の
吸盤睨(にら)めて
目眩かな

[中原道夫(なかはらみちお)]
飯蛸に
猪口才(ちょこざい)な口
ありにけり

猫の恋

・猫の恋とて人には迷惑ならずや。夜中に赤児の声して驚かされるや猫だったとは、これまた日常なり。やたらうろちょろして、毛を逆立てたりと、昼の猫のもっとも盛んなるもまた春のことかな。

・そんなわけで、「恋猫(こいねこ)」、「浮かれ猫」、「戯れ猫」、とか「春の猫」「通う猫(かようねこ)」とかいろいろある。また「猫の妻(ねこのつま)」という面白い季語もある。

ほの暗きネオンランプや猫の妻

昨夜(ゆうべ)とは
違う毛並みや
猫の恋

猫の恋
ふっとさみしき
白髪かな

世の中は
猫の恋する
季節かな

猫の妻
おめかしするよな
招きかな

挙式して
夜逃げするなよ
猫の妻

[来山(らいざん)]
両方に
髭があるなり
猫の妻

・前書きに、「神棚の恵比寿と大黒の髭も豊かに並ぶ姿を、尼さんの夫婦と間違えり」、みたようなことが書いてあるそうだ。それにしても「両方に髭があるなり」という着眼点は絶妙だ。このおかしみを理解できるのは、謎の民「ジャパニーズ」ぐらいしか居るまいて。のう、越後屋。

[ちょっと冗談]
両方に
夫(おっと)もあるなり
猫の妻

[もう一個]
シッポにも
恋があるなり
猫の妻

鷹鳩と化す(たかはととかす)

・「鷹化して鳩と為る」は二十四節気をさらに三分割した七十二候(しちじゅうにこう)のひとつ。中国由来のものだが、後に日本バージョンとして変更された本朝版もある。大陸文化取り込み作業の時に「礼記(らいき)」の中の歳時行事などを記した「月令」の中に、「春に桃が開き、雲雀が鳴き始め、それから・・・ほら、鷹だって、まるで鳩みたいに穏やかになっちまうんべ」みたようなことが、もっと真面目に記されている。鳩化(はとか)とは言わない。(言わないものを書くな!)

鷹とても
鳩のごとくに
睡るかな

鳩と化し
鷹の面子も
丸つぶれ

鷹の檻
鳩とののしる
児童かな

飛び退(の)きし
鷹が水面に
鳩の影

朧(おぼろ)とは
鳩に敗れし
鷹の空

鷹鳩と
化せばけんかも
減るのかな

鷹は鳩と
化してどこ吹く
風とやら

鷹鳩と
化すよ眠りの
授業かな

恋をして
鷹の鳩化す
兆しかな

[鷹羽狩行(たかはしゅぎょう)]
鷹鳩と
化し神木(しんぼく)は
歩かれず

春の日(はるのひ)

・春の太陽も、春の一日も、共に「春の日」である。「春日(はるひ・しゅんじつ)」「春日影(はるひかげ)」「春日射(はるひざし)」「春日向(はるひなた)」「春の朝日」「春の入日(いりひ)」などなど、様々な遣り口で使用できる。

春の日の
夕暮れの中から
中也かな

・はは、「中原」と「中から」を掛けてみました。座布団のゆくえはいかに。

春の日の
夕暮れトタンに
中也かな

・句としてはこっちの方が面白い。

春の日を
歌うおもかげ
母の影

春日(しゅんじつ)の
沢庵石の
おもさかな

にぎやかさ
春日射より
ゴムの鞠

恍惚は
春、日影には
不安あり

鉛筆を
真似てごろ寝や
春日向

[どっちが良いか?]
赤ペンを
真似てごろ寝や
春日向

ポロシャツの
乾き損ねや
春日影

[暁台(きょうたい)]
うちつれて
汐木を拾ふ
春日かな

・汐木(しおき・しおぎ・塩木)は、塩釜で塩を焼いて塩を作るための釜にくべる薪(まき・たきぎ)のこと。

春陰(しゅんいん)

・春の曇り空、曇天を漢語的に呼ぶ呼び名。

春陰の
うつらさなかの
くしゃみかな

春陰に
じじいも出て来ぬ
ベンチかな

春陰や
取立逃るる
すべもなし

缶を蹴り
春陰にこだます
なみだ声

[原石鼎(はらせきてい)]
春陰や
眠る田螺(たにし)の
一ゆるぎ

雪の果(ゆきのはて)

・所々時期も量も異なれど、春の最後に降る雪を、あるいは最後と思われるその雪を、「雪の果」「名残雪(なごりゆき)」「名残の雪」「雪の名残」「忘れ雪」「雪の別れ」「雪の終(おわり)」「終雪(しゅうせつ)」と様々な表現で言い表す。また旧暦二月一五日の釈迦の入滅(にゅうめつ)と重ね合わせて、「涅槃雪(ねはんゆき)」「雪涅槃」と呼んだりもするそうだ。

雪の果
窓辺の君より
僕は去る

またひとつ
ベットが開きます
雪の果

嫁ぐ日の
娘の席より
名残雪

車窓(しゃそう)にも
雪の終りの
物語

ひとり駅
雪の終りと
待つは誰?

孫知らぬ
雪の名残の
いわれかな

よきひとの
名残惜しむや
涅槃雪

深酔いや
終雪終電の
狭間かな

深き酔いや
回らはる終雪
見なはるかて

・こないな言葉遣いやったら、ほんにまがいもんもええとこどすえ。

流氷(りゅうひょう)

・江戸の頃は川を流れる氷の意味だったのが、今日では肝っ玉がでっかくなって、北極方面よりもたらされる巨大な氷の漂着を呼ぶ。二月半ばから三月半ばにもっとも多く北海道の沿岸にやって来るのだそうだ。「氷流るる・氷流れる」などは、かえって幾分川の氷っぽいか。

玄武去り
その宮砕きて
流氷成(な)る

流氷は
歌も詠ませぬ
黙秘(もくひ)かな

流氷の
朴念仁(ぼくねんじん)にも
鳥の歌

[山口誓子(やまぐちせいし)]
流氷や
宗谷の門波(となみ)
荒れやまず

・門波は、海峡に立つ波なのだそうだ。

春の夜(はるのよる)

・「春夜(しゅんや)」「夜半の春(よわのはる)」など。

覚えてた
カスタニェットと
春の夜

春の夜
月に憑かれた
ピエロかな

・シェーンベルク氏の例の楽曲の邦題にいかがか。あれ、でもあれは春の夜だっけ?

春の夜の
バームクーヘン
恋の味

春夜半の
れんげ畑で
抱かれたい

瓶詰めの
春夜がまりもの
子守唄

春の闇(はるのやみ)

・瞳を凝らして見えないものを、春めく花めく香りに見るもまた春の闇ならではのことか。

花さえも
人まねするよな
春の闇

春の闇
愛をささやく
受話器かな

子やいずこ
こころに広がる
春の闇

こんなにも
胸が痛いよ
闇の春

ずっしりと
大根息づく
春の闇

イグレイン
絡みつくほど
春の闇

[日野草城(ひのそうじょう)]
をみなとは
かゝるものかも
春の闇

・俳界を震撼させた連作「ミヤコホテル」の中の一句。こんなので震撼するたあなんと小っちゃ脳味噌な世界かな。

雛納(ひなおさめ)

・雛祭りが終わったらさっそく雛を梱包して来年まで保存する作業が始まる。これを遅らせると娘の嫁入りが遅れるという迷信があったからだ。

物置も
埃払うや
雛納

・つまらん、君、そんな句はまったくつまらんぞ。

何とまあ
落ちる首あり
雛納

姉の声
最後に聞いた
雛納

来年の
娘思うや
雛納

雛納
ゆら揺れながらの
葉桃(はもも)かな

仕舞には
空も明るむ
雛納

[西島麦南(にしじまばくなん)]
あたゝかき
雨夜の雛を
納めけり

[松本たかし]
水茎(みずくき)の
古(こ)りにし反古や
雛をさめ

・「水茎の」は万葉集以来の枕詞で、もともとは語調から「水城(みずき)」に掛かったり、「岡」に掛かっていた。それが次第に「水茎」を筆、筆跡の意味で捉え、「流る」「ゆくへも知らぬ」などにも掛かるようになった。(と大辞林より要約してみる。)つまりさ、筆跡すら古る固まった反古(書き損じの紙)にて雛を納める様は、新品の新聞紙さ用意して仕舞うのではなく、あるいは包んでいた反古をすらタイムカプセルのうちにもう一度包むにせよ、その時取り替える前に眺めたにせよ、くすんだ反古の美学が内包された句であると言える。

渦潮(うずしお)

・潮流激しきところで出来る潮の渦で、特に大潮の干潮・満潮の差の激しい三月半ば頃に起きやすいので、春の季語となっているのだそうだ。それを見る観光ツアーを「観潮(かんちょう)」と呼んだりもする。

渦潮は
颱風が卵の
孵化(ふか)なるや

渦潮の
今だ神器(じんぎ)を
守り居(お)る

観潮も
酔い見じゃあ情け
なかりけり

雪割(ゆきわり)

・雪国ではとっとと雪さどけよと「雪割」をしたり「雪切(ゆききり)」をしたり、雪解けを早めるための灰を「雪消し(ゆきけし)」と呼んで撒いたり、あるいは雪自体を日向に薄く撒いたりして、春の訪れを早める行事が、切実に営まれる。

雪割も
邪魔する達磨を
残すのみ

雪を割り
ふっとこころに
梅の花

雪消しの
シャベルにぽつり
忘れ雪

雁風呂(がんぶろ)

・「雁供養(かりくよう・がんくよう)」ともいう。秋の雁の渡来の時に口に小枝を挟み浜辺に落とす。これを去るときに持っていく。だから残された小枝は、死んで立ち去らなかった雁たちの名残なのだ、という美しい伝説から、この海辺の小枝などを拾って、風呂を焚くような行事が生まれたという。

雁風呂の
焚き付け交じるや
へんなもの

雁風呂も
雁(がん)のためには
ならぬかな

我が枝も
いつか残るよ
雁供養(がんくよう)

仮の世の
忘れたかなき
雁供養(かりくよう)

[永田青嵐(ながたせいらん)]
砂山に
ぽかと月あり
雁供養

春装(しゅんそう)

・春の服、春服(はるふく)、春の着物、春装束(はるしょうぞく)、など。ようするに春物を着ること。

サーカスの
今宵ピエロや
春の服

春装を
朝まで選んで
映画かな

春服は
覚えてるのかな
あなたの手

モデルより
春服着こなす
あなたかな

春服も
雑誌に勝(まさ)れる
わたしかな

[うむ、さらに]
春服も
雑誌を負かすの
わたしだもん

嫁ぐ日の
春の着物の
エピソード

春前の
バーゲンセールや
春の服

[岡本差知子(おかもとさちこ)]
わが病めば
子のよごさずに
春の服

木の芽漬(きのめづけ・このめづけ)

・様々な木の芽を塩漬けにしたもの。特に山椒の芽と昆布を煮詰めた漬け物を指すことが多いようだ。山椒の時は「きのめ」と呼んで、外の「このめ」と区別するなんて話もあるようだ。山椒なら醤油を使った「葉山椒の佃煮」こそが春の定番だ?

侘びしくて
舌に含みし
木の芽漬

木の芽漬
出されて春も
半ばかな

香るほど
慕うご飯や
木の芽漬

うかうかと
三膳ご飯や
木の芽漬

三月十日(さんがつとおか)

・「三月戦災忌(さんがつせんさいき)」。一九四五年の三月十日のB29の爆撃で、東京が灰燼に帰した哀しみが、今、歳時となって甦る。という切り口。

三月に
戦災忌もなし
池袋

三月十日
上野は焼かれて
ありました

首都を焼く
修羅もう御免や
戦災忌

燃えながら
手があばれてた
大空襲

炭化した
人形泣いてた
大空襲

三月十日
あの日、炎の中で踊る
叫びが耳を劈(つんざ)いた

・特徴的な俳句リズムの逸脱の許されやすき例として拵えてみた。

2009/05/11

[上層へ] [Topへ]