彼岸のころ

[Topへ]

彼岸(ひがん)

・仏教用語で、煩悩に苦しむ現世をこちら側、すなわち「此岸(しがん)」といい、悟りて煩悩無き世界をあちら側の岸、すなわち「彼岸(ひがん)」と呼ぶ。その彼岸、浄土教でいうところの極楽浄土の地は、西にあると考えられ、春分と秋分の太陽が真西に降る時に、「彼岸会(ひがんえ)」を執り行うというのは、日本で生まれた仏教行事である。記録には806年に、祟りで怖れられていた崇道天皇(すどうてんのう)(早良親王)のために全国の国分寺で七日間今日お経を読ませたと記されている。

・そんなわけで、春分を中日(ちゅうにち)として前後三日、合計七日の間が彼岸と呼ばれ、仏事などが行われ、墓参りに出かけたりする。墓参り(彼岸参り)などは江戸時代から盛んになったようだ。季語としては「彼岸前(ひがんまえ)」「彼岸過(ひがんすぎ)」「彼岸中日(ひがんちゅうにち)」「入り彼岸」「さき彼岸」などいろいろある。

墓ひとつ
馬鹿に人来る
彼岸かな

川端の
魚(うお)取り違う
彼岸過ぎ

こそ泥の
墓で捕まる
彼岸前

山門の
彼岸じみたる
和尚かな

よろよろと
彼岸中日
乞食かな

入道の
予感の雲や
彼岸過

お彼岸の
牡丹餅七つの
童(わらべ)かな

[飯田蛇笏]
山寺の
扉(と)に雲あそふ
彼岸かな

山笑う(やまわらう)

・何も「山ちゃん」が笑う姿を描写したわけではない。中国北宋時代の郭熙(かくき)という画家が「臥遊録(がゆうろく)」の中で「春山の淡治(たんや)にしてまるで笑うが如くだっちゃ」(なんか違う?)と述べたことに始まる、森林芽吹き花開く喜びを笑いと捉えた季語である。「笑う山」でもよいが、「爆笑山」とは言わない。

山笑う
それを猫見て
鼠追う

笑うとき
えくぼ一つの
榛名山

登りゆく
我等見かけた
山笑う

南より
北へ移るや
山笑い

国道の
車かゆくて
山笑う

[蓼太(りょうた)
→大島蓼太]
筆取りて
むかへば山の
笑ひけり

春潮(しゅんちょう)

・あるいは「春の潮(はるのしお)」。さて、潮汐(ちょうせき)という言葉がある。「潮」は朝のものを、「汐」は夕方のものを意味して、あわせて通常一日2回ほど訪れる潮の満ち引きを表した言葉である。地球と月が地球優位で(そんな表現は科学的用法に無いかもしれないが)互いに回転するときに、引力と遠心力の関係でちょうど地球の月に向かった所が海面が上昇し、またその反対側の海面も上昇する(実はむしろ海面は取り残されている)のが原因だ。ただし月が南中した刹那に満潮とはならず、様々な要因で数時間のずれが起こる。また太陽も地球に引力を及ぼしているので、月と太陽の直線上に地球が位置する新月の時と満月の時に、すなわち大潮が訪れる。月が半分欠けているときは小潮である。また太陽の潮力作用の大きい春分と秋分には干満差が大きくなる。そんな理屈をこね回した男が、満潮時刻を知らず離れ島で「たっ、助けてくれー」と叫んでしまうこと、これまた日常茶飯事である。

春潮を
知り抜く烏や
枝で待つ

春の潮
眺めて職を
失えり

どことなう
嬰ホ長調
春の潮

・またデタラメ言ってからに。

[加藤楸邨]
春潮の
音の寂しき
まつぴるま

田楽(でんがく)

・田楽と言えば、豆腐に限らず、里芋、コンニャクなど串刺しにして味噌ベースのタレでいただくおでんのようなものを想像するが、山椒の芽を使用した味噌ダレによる「木の芽田楽」の味わいをして春の季語となす。またその時の田楽はまずは豆腐を想像すべし、といらぬお節介も付いている。

山椒も
摘んだ甲斐あり
味噌田楽

バーゲン豆腐
田楽ほどの
出世かな

・げげげの下卑た句。

田楽の
あぶる香りや
猫の声

田楽に
見向きもしない
孫の面(つら)

青饅(あおぬた)

・浅葱(あさつき)、分葱(わけぎ)、芥菜(からしな)などを酢味噌和えにしたもので、魚介類と混ぜるのがちょっと凝った作り方とか。ただの葱で作る場合も呼んで良いのだろうか?

ちょっと暑さ
感じるころや
青饅は

あの頃不気味
今は嬉しい
青饅皿

包丁を
握らぬ夫の
青饅よ

木の芽(このめ・きのめ)

・ようするに様々な木の芽だが、山椒のものだけを特に「きのめ」と呼ぶこともある。木の芽張る(このめはる)、木の芽垣(このめがき)、ほかに「櫟(くぬぎ)の芽」とか「雑木の芽(ぞうきのめ)」といった用法もある。

なつかしや
木の芽のほどの
息吹かな

真光寺
木の芽が木魚と
鬚ダンス

ふと触れて
分かり合えたよな
木の芽(きのめ)かな

突(つつ)かれて
逞しくなる
木の芽かな

[加藤楸邨(かとうしゅうそん)]
隠岐や今
木の芽をかこむ
怒濤(どとう)かな

・これは様々な観点から見てそれぞれに旨いです。

初花(はつはな)

・春に開いた桜の花を指して呼ぶ。初桜(はつざくら)より抽象的だが、やはり桜を指すことにかわりはないそうだ。

初花を
見届けてからの
旅路かな

初花を
見あげどぶにさ
落ちたのさ

絵はがきや
ふるさと一杯の
初桜

メールなど
よして見てたよ
初桜

ばうばうと
犬の縛りや
初桜

初花の
一歩一歩が
慕いかな

[富安風生(とみやすふうせい)]
初花も
落葉松の芽も
きのふけふ

[芭蕉]
初花に
命七十五年ほど

・初物で命が七十五日延びるという「初物七十五日」にあやかって、初花で七十五年の寿命となると歌ったもの。

春分

・昼と夜の時間の等しくなる春分は、二十四節気の一つでもあり、太陽は真東から昇り真西へと沈み、寒さの春前半から、ぽかぽかの春後半へと折り返す分岐点でもある。

・ほかにも彼岸の中日にあたることから「中日(ちゅうにち)」と詠んだり、昼と夜の長さが等しいので「時正(じしょう)」と詠んだりもする。

春分に
跳ねでた拍子の
蛙(かわず)かな

春分は
憧れの人と/先輩と
デートかな

春分の
喧騒の町
僕の町

春分の
希望という名の
追試かな

橋なかや
春分ばなしの
親子かな

春分や
上掛け一枚
ねずのシャツ

[宇佐美魚目(うさみぎょもく)]
春分や
手を吸ひにくる
鯉の口

[星野麥丘人(ほしのばくきゅうじん)]
春分の
おどけ雀と
目覚めけり

春分の日

・春分の休日を指す言葉として、このように使用することもある。

春分の
日だけどごろ寝の
妻と猫

残飯や
春分の日の
野良の犬

・また投げやりな句を。

竜天に登る(りゅうてんにのぼる)

・中国に竜が春分に天に登り、秋分に淵に潜む、というスケールのでかい話があることにちなむ。

竜天に
登るを控える
寒さかな

竜天に
よろこび登るか
春の雨

竜天に
登り掛けてた
星座かな

昇天の
竜祝さんや
今宵酒(こよいざけ)

[福田甲子雄(ふくだきねお)]
竜天に
登る古墨に
重さなし

・古墨で実は描かれた竜の昇天であることが明らかにされ、それが重さなしというのだから、なかなか出来た句である。

涅槃西風(ねはんにし)

・陰暦二月一五日は釈迦の入滅の涅槃の日。その前後に吹く季節風をこのように呼んだのだが、新暦だとお彼岸ごろにあたる。またお彼岸の頃吹く風というので、「彼岸西風(ひがんにし)」という言葉もある。

悟れずに
ぶつくさ言うのも
涅槃西風

涅槃西風
病棟より空は
真っ赤です

正座して
味噌汁のんでた
涅槃西風

彼岸西風
渓流闊歩(かっぽ)の
靴の音

彼岸西風
木造校舎の
窓ガラス

[西島麦南(にしじまばくなん)(1895-1981)]
猫は炉に
鵯(ひつ・ひよどり)は椿に
涅槃西風

比良八荒・比良八講(ひらはっこう)

・滋賀県の比良大明神(白鬚神社・しらひげじんじゃ)、ここでは陰暦二月二四日に比叡山の坊さんが「法華経」八巻を講ずる天台宗の法会「比良八講(ひらはっこう)」が行われていたのだが、ちょうどその頃琵琶湖に吹く荒れた季節風も、これにあやかって「比良八荒」と呼ばれるようになった。新暦では三月後半である。今日では三月二六日に「比良八講」が行われ、これをもって「比良八荒、荒れじまい」といって、琵琶湖の荒れた季節風は収まり本格的な春となる、とされている。

鐘よりも
風の響きや
比良八荒

平家物
歌い納めや
比良八講

比良八荒
あたいを捨てた
男ども

鳥曇(とりぐもり)

・渡り鳥が春に北方に帰る頃の曇り空を指す。その時の雲を鳥雲(とりくも)と呼び、その時の風を、あるいは鳥の風のような響きを鳥風(とりかぜ)と表現する。

去りぎわの
なごり残さぬ
鳥曇

褪せし色の
ふるさと在りけり
鳥曇

鳥曇
埋め立て予定の
沼の縁(ふち)

鳥雲を
目ざして羽ばたけ
治癒の雁(かり)

風船が
横になびいた
鳥の風

鳥風と
舞い上がりたいけど
人の足

鳥風よ
あんなに愛した
沼の波

少年よ
鳥風受けて
走り出せ

[高浜虚子]
海に沿う
一筋町や
鳥曇り

[安住敦(あずみあつし)]
また職を
さがさねばならず
鳥ぐもり

[石川桂郎(いしかわけいろう)]
底のなき
しづかさにあり
鳥曇

貝寄風(かいよせ)

・陰暦二月二十二日に行われる聖徳太子の命日のためのミサ……失礼しました、法会が、大阪四天王寺の聖霊会(しょうりょうえ)として開かれていた。なんとあの石舞台の四隅に巨大造花を飾るのだそうだが、それが難波に寄せ来たる貝殻で造られていたのだそうだ。それで、その貝を運んでくる頃に吹き荒れる強風を、貝寄風と呼ぶようになったのだそうだ。ところが今日では新暦でお構いなしの四月二十二日に開催され、誰も王政復古?を唱えないのだそうだ。

・あるいはもっと大ざっぱに、春先の貝を打ち寄せるほどの強風を指してもよいかもしれない。

貝寄風の
犬うずくまる
浜辺かな

貝寄風や
離れに不遜の
貝ひとつ

貝寄風や
負けて二度目の
なみだかな

[中村草田男(なかむらくさたお)]
貝寄風に
乗りて帰郷の
船迅し

山葵漬(わさびづけ)

・ルーズにだらけてウィキペディアから部分引用。「わさび漬け(山葵漬け)は、粕漬けの一種。静岡県の名産。ワサビの根、茎をみじん切りにし、塩漬にしてから、熟成させた酒粕に和えて食塩、砂糖などを練り合わせた漬物。」だそうであります。ああこりゃこりゃ。

のほほんと
してたらつんと
山葵漬

ふっくらの
ご飯ご飯や
山葵漬

猫舐めて
駆け出す戸口や
山葵漬

友ありて
山葵漬くださる
お昼時

[高浜虚子]
ほろほろと
泣き合ふ尼や
山葵漬

・正しくは、「ほろほろ」の後ろの「ほろ」は長い「く」の字の繰り返し。それにしても高浜虚子は優れものから想像を絶する駄作まで懐の広さを見せるのは、拡張的実験でもしていたのかしら。それとも図太いだけなのかしら。

卒業

・ひとつの舎の学び終え新たなる旅立ちのための卒業は、学生時代の多くの人にとっては豊かな思い出ともならん。俺はそんな思い出は好かんがな。けっ。

・卒業生、卒業式、卒業写真、卒業証書、卒業出来ず、などなど。

卒業が
終わりという訳じゃ
ありません

結局の
片思いかな
卒業式

卒業が
ここで最後の
行事かな

木造に
声だけ響くや
卒業式

あんたの墓に
卒業証書だけは
見せてやるよ

ばあちゃんが
泣いてて恥ずかし
卒業式

教師らも
共に卒業
なさります

花種蒔く(はなたねまく)

・春にさまざまな草花の種を蒔くこと。特定の花の名前をかざして、「朝顔蒔く」などと詠むことも出来る。

種は花の
すがた思えば
蒔くがよし

花の種
蒔くとこの子は
嫁ぎゆく

ぽけっとに
撒き残りたる
花の種

こころにも
まいておきたい
はなのたね

蒔き蒔きて
庭にすずめや
花の種

[飯田蛇笏]
花の種
まき終りたる
如露(じょうろ)かな

・蛇笏はやっぱりグレートだ。何がって、視覚的な固さと、語ったときのモダンが、せめぎ合っている面白さ。

種物(たねもの)

・上は特に草花の種だったが、こちらは穀物だろうが野菜だろうが花だろうが、すべての種を指す。ただし、稲は大和の格別なる特等席を授けるべき物であるから、稲の種籾は種物に含めない。より正確には稲の籾を読みたいときに、わざわざ種物という言葉は使う意味がないのである。

・物種(ものだね)、物の種(もののたね)、種袋(たねぶくろ)、などの季語がある。

種物の
店でこつ聞く
児童かな

種物を
種でなくする
儀式かな

物の種
もう寝たでしょう
起きなされ

種袋
荒らして御免の
ひばりかな

[日野草城(ひのそうじょう)]
ものの種
にぎればいのち
ひしめける

踊念仏(おどりねんぶつ)

・盆踊りや歌舞伎の創始である出雲阿国(いずものおくに)の源泉のひとつとなったともされる踊り念仏は、空也(くうや)に始まり、一遍上人で有名になったような仏教行事だが、楽器に合わせて踊りつつ念仏を唱える行事は、春の歳時記なのだそうだ。

踊念仏
見てたら泣き出す
乳のみ子

声枯れて
踊念仏も
老いにけり

春外套(はるがいとう)

・春の外套のことさ。スプイングコートとも。

外套を
春に着こなす
君の肩

あなたから
そっと掛けられ
春コート

仕舞っては
また取り出して
春外套

外套も
合わせて春の
デートかな

2009/05/22

[上層へ] [Topへ]